好きな場所に家を建てられる!

注文住宅は土地探しからのスタートも可能

注文住宅はすでに建築済みの家を購入するのとは違い、希望の場所に建てることができます。市街化調整区域や工業地帯などの一部を除けば好きな場所に建築できるので土地探しから始めることも可能です。通学や通勤など交通の便の良い場所に建てるのか、若干不便であっても自然の多い郊外に建てるのかはオーナー自身の今後の生活のあり方や家族設計によるでしょう。このように家を自分自身のライフスタイルに合わせて建築できるというのは注文住宅の大きなメリットです。土地探しについては、ハウスメーカーに予算や広さ、希望のエリアなどを伝えて情報収集を依頼しておくのも良いでしょう。会社が保有している建築条件付きの土地があれば紹介してもらうこともできますよ。

問題のある土地にも対応できる

注文住宅であれば自宅の建て替えはもちろん、父母が住んでいた田舎の土地に家を建てることなども可能です。また、狭い土地や変形した土地であっても設計力次第で住みやすく理想的なマイホームを実現させることもできます。担当の設計士が敷地の形状や道路の位置などに配慮して、家族全員が暮らしやすい家を提案してくれるでしょう。希望の土地をみつけたら、購入前にハウスメーカーに相談して希望通りの間取りが可能かをチェックしてみると良いですね。その場合は複数のメーカーに設計を依頼し、その特徴を十分に比較検討するのがおすすめです。さらに一度更地にすることでしっかりとした地盤調査を行うことができるため、十分な地震対策で長く安心して暮らすことができます。

日本の施工業者の技術はどこも高く、図面があれば大抵の建物はどこでも作れます。問題はこの図面で、設計事務所のセンス次第で全く違うものが出来上がることです。